ENGLISH SITE
×
EXHIBIT AT TOKYO AUTO SALON 2022 2年ぶりの開催。大注目の新型ランクル300、ハイラックスの初お披露目となった東京オートサロン2022。 今回の展示車両はカスタムラッピングのデモカーがズラリ! 開催期間: 2022 1.14FRI ▶15 SAT ▶16 SUN ブース: 幕張メッセ HALL 6 出展車両 ウインカー連動のシーケンシャルLEDデイライトを初搭載! EXCLUSIVE ZEUS® LUV LINE LAND CRUISER 300 カスタムラッピング施工車両 東京国際カスタムカーコンテスト SUV部門【優秀賞】受賞! エムズスピードではランドクルーザー200からマイナーチェンジごとにボディキットを用意し、モデルのリファインに合わせてそのスタイリングもアップデートしてきました。そして、このランドクルーザー300。大きく刷新されたこのフォルムに、ボディキットもデザインだけでなくエクイップメントも充実させて、大きく進化させたモノを用意しました。まずひとつに、ボディキットの素材はこれまでのFRP製から、ABS&AES製に進化。さらに、フロントハーフスポイラーにはウインカー連動のシーケンシャル式LEDデイライトを採用。エキゾーストシステムにいたっては、カーボンテールを用意するなど、車格に見合うディテールにまで気を配ったラインナップとしました。加えて、デモカーには、エムズスピードの新車カスタムコンプリートカーの新メニュー【カスタムラッピング】を施し、ボディカラーを2トーン化。ボンネットからリアゲートまでを大胆にラッピングした様は、まさにファントムトップ風の出で立ち。これぞ、ランクルに相応しい、唯一無二のルックスが完成いたしました。 アタッチメント感覚でエアロメイク。EXCLUSIVE ZEUS® CROSS LINE HILUX GR SPORT カスタムラッピング施工車両 ピックアップトラックに相応しいアタッチメントパーツ的にエアロパーツを開発。フロントハーフスポイラーも通常のエアロパーツのようにバンパー下をすべて覆うようなことはせず、あえて両端を残したアタッチメント感覚で製作。とはいえ、LEDデイライトを片側2連であしらうことで、アイキャッチ効果は十分に。また、フロントハーフスポイラーにはバンパーガード的なデザインを採用することで、オフローダーな雰囲気も醸し出しています。ソレはバグガードを連想させるボンネットプロテクターも同様のエッセンスになります。エキゾーストシステムはサイド出しに。ちょっとワイルドな印象を醸すのにも最適な演出になります。カスタムラッピングについては、これまでの施工例とはまったく異なるアプローチに加え、鮮やかなブルー(カラー名:サテンパーフェクト・ブルー)をチョイスすることで、ピックアップトラックにフィットするアクティブさを表現しました。 新ブランド【CROSS LINE】のファーストモデル。EXCLUSIVE ZEUS® CROSS LINE LAND CRUISER PRADO カスタムラッピング施工車両 豊富なアイテム構成が魅力の一台。EXCLUSIVE ZEUS® LUV LINE HARRIER 欧州感を強く意識したパッケージ。EXCLUSIVE ZEUS® LUV LINE YARIS CROSS カスタムラッピング施工車両 オリジナルのアルミホイールでは、最新作ジュリア・バリアン、復刻版クリスタルラインなどを展示! ブレーキキャリパーカバーをはじめ、アパレル系商品までズラリと。 カーセキュリティ関連のレザーアイテムもラインナップ拡大中!