ENGLISH SITE

Let's enjoy customized car of M'z

M'z SPEED Magazines
LEXUS L F SPORT Prussian Blue LEXUS L F SPORT Prussian Blueサイドイメージ プレミアムセダンの『在り方』。レクサスが誇るフラッグシップセダンLS。先のモデルチェンジで、『エモーショナル』と表現されたそのフォルムは、もはやセダンのソレではなく、クーペそのもの。 流れるようなボディトップのラインは、優雅なるクーペスタイル。 そんなラグジュアリーさとスポーティさを併せ持つ素材をいかにメイクするか。 プルシャンブルーが導き出したスタイルは『クーペ感』を後押しするスポーツメイクと、プレミアム感』を
    損なわないスマートなフィッティング。このスマートなフィッティングとは、薄型設計を指します。つまりは、奇をてらわない自然な装いの中に、個性を忍ばせる…。そんなカスタムです。 スマートフィットながら LSサイドイメージ 躍動する『オーラ』。LSバックイメージ point01 薄型設計に忍ばせた、確かなアクセント。 薄型設計にインストールするには最適な、ラインLEDをデイライトとして採用。スポイラーの最下部に配置されるため、視覚的なローダウン効果も得られます。
    スポイラー中央には横長のダクトを。最下部のリップ部分はわずかながらフラップデザインとすることで、躍動感あるスポーティシルエットを構築します。 point02 抑揚あるカナード風デザインを、さり気なく。 point03 純正デザインに寄り添い、昇華させる。 ボトム部にディフューザーデザインを採用したリアアンダースポイラー。この薄型設計の中に、しっかりと個性を薫らせるギミックを搭載しました。
    純正リアフォグランプの無い車両には、このLEDバックフォグランプが有効。ナイトシーンでの存在感アップには必須です。 point04 カスタム感を強める、グリルチェンジ。 わずかながら後方へと跳ね上げたデザインを採用するトランクスポイラー。この躍動感こそ、スポーティな演出には欠かせません。
    ルーフの後端にさり気なくセットさせるルーフスポイラーは超薄型設計のアイテムながら、確かなアクセント効果を発揮。スポーティシルエットの完成度を高めます。 point05 カスタム感を強める、グリルチェンジ。 レクサスのアイデンティティのひとつ、スピンドルグリル。新型LSにいたっては、そのスピンドルをハニカムメッシュとして、さらに存在感を増幅しています。しかし、このシンボリックなデザインを、あえて変更するというのが、プルシャンブルーからの提案。4本のルーバーはしっかりとした骨格を持つ立体成型とし、開口にはメッシュネットを。加えて、ブラックアウトされたそのフンイキは、欧州のプレミアムスポーツを連想させる意匠へと変貌。まさに、この一新こそ、カスタムの醍醐味なのです。また、『ハニカムメッシュは、洗車時において綺麗に保持するのが大変…』と、よく耳にする不満点を、このグリルなら解決してくれることでしょう。 WHEELwithFORGED DESIGN 333 22inch
    プレミアムカーには、プレミアムなホイールを。大胆にシェイプされた5ツインスポークを持つ、フォージドデザイン333。 エムズスピードのホイールシリーズの中でもフラッグシップに位置づけられるフォージドデザインだけに、その存在感は鍛造ならではのプレミアムなオーラを。
    また、22インチサイズというビジュアル力の高い大口径も、LSのフンイキにマッチします。装着カラーは、切削感がハイインパクトを放つ、マシニングブラックです。 デザインだけでなく、機能性にもコダワリを。フロントハーフスポイラー裏面画像 サイドステップ裏面画像 リアアンダースポイラー裏面画像 このLS用に関しては、設定されるフロント、サイド、リアのスポイラーすべてを、モノコック構造のボディキットとしました。スポイラーの裏側は通常塞いではいませんが、今作では裏側までボックス形状に設計。 そうすることにより、製品としての強度は高まり、さらには、開口部がないため砂利などが入ることもありません。このボディキットは、その見た目だけではなく、こういった作り込みによる機能面にも抜かりはありません。 EMOTIONAL&INTELLIGENT