ENGLISH SITE

Let's enjoy customized car of M'z

×
M'z SPEED Magazines
EXCLUSIVE ZEUS LUV LINE LEXUS RX ラグジュアリーSUVにフィットする、ノーブルなカスタム。 これまでも、エムズスピードではレクサスブランドの展開には力を入れてきました。とくに、このラグジュアリーSUVである『RX』については、市場の人気そのままにエムズスピードでも好調セールスの一台に挙がります。そんなレクサスRXのMC後となる、このモデル。MC前のエアロパーツと比べると、ノーブルな方向性へとシフトした、新基軸な一台です。 ソレを象徴しているのが、エアロパーツそのもののサイズダウン。MC前のスポーツ志向を少しうすめ、高級感をアップさせるより適正なサイズ感を追求しました。 ボディとの整合性を突き詰めるならエアロパーツは小振りであるほうが・・・正解。そういう意味でも必要最小限のサイズであること。ボディラインのエッヂの強さをエアロの造形にも。 そこで、エムズスピードでは、その中で個性を紡ぎ出す工夫をこらしました。フラップデザインを重ねたようなフロントハーフスポイラーしかり、ディフューザースタイルを取り入れたリアアンダースポイラーしかり、ボディとの違和感をなくし、でも、個性を表現できるデザインを。 結果、ラグジュアリーSUVらしい高級感をさらに引き上げられる一台となりました。 静かに、 でも確かに『高級感のある』 オーラを放つ。 DETAIL FRONT コンパクトサイズのフロントハーフスポイラー。しかしながら、フラップを3段重ねたようなデザインを実現するなど、ディテールは凝った仕上がり。 デモカーのブラックに塗り分けた2段目のフラップは、もっともその面積を確保。やや前方へ出す意匠と相まって、低い位置での安定感が生まれ、結果としてローダウン効果を発揮します。LEDデイライトは片道3速で搭載。フェイスのアクセント効果も生む、アイテムです。最下段の開口部には、メッシュネットをあしらいます。サラリとスポーティさを表現できる一手ともなります。 SIDE 前後のドアに入れ込まれたプレスラインと連動させた、エッヂを利かせたデザインのサイドステップ。後端には縦2連のダクトを設け、サラリとスポーティさを表現します。 REAR 純正リアバンパーとの違和感を無くすことに注力した、リアアンダースポイラー。大きくデザイン変更されているにもかかわらず、純正然とした印象を与えます。 中央部にはディフューザースタイルを彷彿とさせる縦フィンを設けたデザインを採用。確かなアクセントとなるLEDバックフォグランプキットもオプションで用意します。純正スタイルとは決定的に異なる、片側2本の左右4本出しエキゾーストシステム(マフラー)。またマフラー出口を包み込むように開口を設けたスポイラー形状も独創的です。ワンポイント的にカスタムできる、リアゲートスポイラー。ウエストラインにもポイントを置くことで、リア全体にカスタム間を与える事ができます。 POINT MAKE さり気なくアピールできるアイテム。 エムズスピードのトレンドアイテムとなりつつある、LEDデイライトキット。純正フロントバンパーのガーニッシュ部分にさらなるポイントメイクを施すことが可能なアイテムです。ライン上のLEDラインが昼夜問わず、確かなアイキャッチとなります。 WHEEL jino Babel FORGED F 24×9.0J 36 R 24×9.0J 23(F R 255/30-24) 足元にインストールしたのは、プレミアムモデルとなる鍛造製のジュノゥ・バベル フォージド。しかもレクサスRXというボディサイズを考慮して、24インチをセレクト。この足元の存在感だけでも、ハンパなくラグジュアリーです。 A luxurious SUV where the eyes are gathered. EXCLUSIVE ZEUS LUV LINE LEXUS RX