ENGLISH SITE

Let's enjoy customized car of M'z

×
M'z SPEED Magazines
RAV4 2019/4~ LUV LINE RAV4 イメージ 都会派のSUVスタイル、完結。 オフロードが似合うエクステリアデザインのアドベンチャーのイメージからか、RAV4のカスタムイメージもソチラ方向になりがち。ですが…エムズスピードが提案するRAV4のエアロカスタムは、アドベンチャーではなく、G/Xの標準エクステリアに対応させたプログラムとあって、シティユースにミートさせたデザインコンセプトとなっています。 そんな、LUV LINE/RAV4。まずは…街中でスタイリッシュに映えるよう意識し、都会的なSUVスタイルを目指しました。ポイントは、クールな存在感を出すため、欧州のトレンドを感じさせる縦格子のフロントグリルを大胆にもフィッティング。この個性的なルックスの効果で、スポーツでいてラグジュアリーなフンイキも醸します。フロントハーフスポイラーについては、LEDデイライトを採用。加えて、純正フォグランプを覆うようにセットされるデイライトキットも見どころ。洗練されたシティユースに、ジャストなルックスとなりました。 スリットダクトを設けたサイドステップやリアアンダースポイラーに採用したディフューザーデザインなど、スポーツテイストをサラリと薫らせるアプローチは、先のフロントメイク同様に、スタイリッシュな都会派を連想させます。 RAV4 イメージ FRONT ABS製のエアロパーツを採用。今作のRAV4は、フロントハーフスポイラー、サイドステップ、リアアンダースポイラー、フロントグリルの主要パートに、ABS製のエアロパーツを採用しています。耐衝撃、精度においても、秀逸なプロダクトです。 阪南工場を新設し、完全自社生産。このABS製品をはじめ、すべての自社生産をこの阪南工場で行っています。最先端の設備で、より精度の高いプロダクトを開発。 DETAIL 最下部のリップ部分を別体風に見立てた、フロントハーフスポイラー。比較的開口を大きく取ったセンター部分にはメッシュネットをあしらいました。また、両サイドにはLEDデイライトを採用。視認性の向上と、ビジュアルアップに貢献してくれます。ちなみに、フロントハーフスポイラー装着時、純正比較だと、前方に50mm、下方に35mmプラス。 個性を放つシンボリックなグリル。メッキモール付きの縦フィンを採用した、大胆デザインのフロントグリル。この欧州のトレンド感を強く放つルックスは、フェイスのイメチェンに効果絶大の、オススメの一手です。インテリジェントクリアランスソナーにも対応します。 あらゆる角度から視認できるスグレモノ。純正のフォグランプ周囲を覆うようにセットする、デイライトキット。マットブラックに塗装されたバーの内部にラインLEDを配し、点灯シーンでのアピール度を高めます。また、このラインLEDの点灯感は、かなりの広範囲から確認できる設計なのも、魅力的。 純正と調和しながら、スポーティさをプラス。デモカーのサイドステップは、純正の樹脂部分(黒い部分)との整合性をとった2色塗り分け仕様。純正から延長されたかのような、違和感のない仕上がりです。白に塗り分けた部分は、一段奥にオフセットし、さらに後端にはメッシュネット付きのダクトを設けました。 RAV4 イメージ REAR アグレッシブさを具現化したリアビュー。バンパープロテクター風の造形にディフューザースタイルをプラスした、リアアンダースポイラー。マフラーの切り欠き部分にしてもリブを明確に設けた、立体感のある全体像としました。エキゾーストシステムは、左右振り分けの4本出し仕様。また、デモカーについては、センター部分にオプションのLEDバックフォグランプをセットし、さらに存在感をアップしました。リアアンダースポイラー装着時、純正比較だと、後方に45mm、下方に15mmプラス。 プラスアルファの一手に。純正のドアミラーに被せるだけのカンタン装着が可能な、ドアミラーカバー。サラリと違和感なく3本のフィンをあしらったスポーティデザインです。※3Dプリンター出力の製品となります WHEEL FORGED DESIGN 888 ⒻⓇ22x9.0J 38(ⒻⓇ245/35-22)フォージドデザイン初の1ピースホイール。これまでの2ピースと比べると、軽量化を実現できるというメリットが、なによりも魅力的。鍛造製というプレミアム性はそのままに、1ピースならではのバリューを、最大限に引き出したモデルです。装着カラーはブラック/ポリッシュ。 RAV4 イメージ FRONT 停まっていても RAV4 イメージ FRONT 走っていても クールに、そしてスポーティに。