ENGLISH SITE
×
M'z SPEED Magazines
EXCLUSIVE ZEUS LAND CRUISER PRADO CROSS LINE ブランドコンセプトは【オフロード】が似合うスタイル構築。 もともとランドクルーザーの名を冠していることから、クロカン四駆的なオフロードテイストのスタイリングが得意なプラドではあったものの、やはり都会のシーンに似合うカスタムというのが、これまでの主軸派。ですが…昨今のキャンピングブームとも連動するかのように、ルーフキャリアを載せたり、悪路の走破性に優れるブロックタイヤを履かせるなど、実際に必要であるか否かは別として、そういったスタイリングはプラドならずともSUV全般に押し寄せている、ムーヴメントともいえます。先に触れた都会のシーンにフィットするスタイリングには、エムズスピードとしては【LUV LINE(ラヴライン)】というエアロブランドを継続して提案してきましたし、現在も不動の人気ブランドとして確立しています。 しかし、そうしたなか、以前よりユーザー様からのリクエストも多かったこのオフ系スタイルという新たなカテゴリーに、エムズスピードとして提案ができないものか!?そんなキッカケから、この【CROSS LINE(クロスライン)】の構想が始動、誕生することに- 悪路を走破する姿を容易に想像できるスタイル構築こそが、この【CROSS LINE】の真骨頂。つまり、サイズ感でいえば大型であるよりも小振りにして、走破性をスポイルしないイメージを保つこと。そういった意味では【LUV LINE】に比べ、【CROSS LINE】はフロントハーフスポイラー、リアアンダースポイラーとも小振りに設計されています。 そのなかで、タフなイメージを与えるバンパーガード的な要素を取り入れる。とはいえあまりにも無骨すぎれば、都会でのシーンでは浮いてしまう…。そういったことから、タフなスタイリングでありながら、オフ系に100%シフトしないウェルバランスを追求。結果、オフロードシーンでの活躍を彷彿とさせながら、都会にもハマるエアロパーツとして、このスタイリングが完成しました。 クロスカントリーやクロスオーバーといった【クロス=CROSS】からネーミングした、CROSS LINE。LUV LINEが都会派志向であるならば、CROSS LINEはオフロードの悪路が似合うスタイリングが、そのコンセプト。ワイルドさやラギッド感のあるエアロスタイルを提案します。EXCLUSIVE ZEUS CROSS LINE カスタムラッピングで、さらに存在感を底上げ。  LAND CRUISER PRADO WRAPPING CAR Images CROSS LINEのデモカーをベースにラッピングを施した、この2台。エアロの装着は同様でありながら、そのボディカラーとラッピングの内容は、それぞれ異なる仕様です。コチラは、エムズスピード・新車カスタムコンプリートカーのオプションメニューとして新たに提案させていただきます、【カスタムラッピング】を施した車両となります。
1台は、マットミリタリーグリーンのフィルムを使った、オールラッピング(全貼り)とはまたひと味違うボディカラーを部分的に残した2トーン仕様。そしてもう1台は、前者より比較的ハードルの低いデカールを施工した例。なかでも、マットミリタリーグリーンのラッピングについては、CROSS LINEのコンセプトとも合致し、オフロードスタイルをさらに強調。色が持つ直感的な演出力が効果を発揮します。このように、エアロカスタムに加えてラッピングという手法も、さらなる一手として、候補に入れてみるのもアリではないでしょうか。
エムズスピードのカスタムラッピング詳細 DETAIL
ラギッド感あふれる、面構え。オフロード走行でのバンパーヒットから車体を守る役割を持つバンパーガードのイメージをそのままエアロ造形にフィードバック。このデザインがあるだけで、タフな印象をダイレクトに伝えることができます。※フロントハーフスポイラーはABS製とAES製から選択可能。デモカーのようなシルバーの差し色仕様にするのであれば、AES製品をお選びください。その際、スポイラーのベースはシボ加工のつや消しブラックとなります。 バンパーガードデザインの底面にかけては、円状の凹みを設けました。下面が凸凹したことにより、さらにワイルドな印象が増し、同時にエアロデザインそのものの立体感が強調されます。両端にはダクト風の開口内にLEDデイライトを投入し、ワンポイント効果を図ります。デモカーのようにシルバーで塗り分ければ、より形状が明確に。バンパーガードを囲むように太めのバーをデザインしました。立体的かつシンプルなこの意匠こそが、フロントハーフスポイラーの骨格となります。 純正グリルに比べると、グッと開口が増し、スタイリッシュに変貌するフロントグリル。開口にはメッシュネットが備わります。製品には、ABSと、塗装が不要なAESをラインナップします。フロントハーフスポイラーのLEDデイライトとは異なり、ライン状のLEDが搭載されますデイライトキット。純正バンパーをさりげなく彩り、アイキャッチ効果を獲得。 3本のフィンデザインが特徴のドアミラーカバーは、3Dプリンター製品。フィッティングもバツグンで、純正然としながらも、サラリとポイントメイクしてくれます。価格もお手頃で、両面テープでの簡単取り付けが可能な、ピラーパネル。AES製のリアリティある綾織り風のカーボン柄が特徴です。 もはや主役級の存在感。CROSS LINEのコンセプトを後押ししてくれる、バグガードを彷彿とさせるボンネットプロテクター。ABS製と、塗装不要のAES製(シボ加工つや消しブラック or カーボン柄ブラック)をラインナップしますが、デモカーのようにAESのカーボン柄をチョイスすれば、よりパンチの効いたルックスが実現可能です。 限られたパートにギミックを凝縮。リアアンダースポイラーも、LUV LINEと比較すると、かなり小振りな設計となります。とはいえ、フロント同様にバンパーガード的なデザインを採用し、オフ感の演出には抜かりナシ。 フロントハーフスポイラーと完全にデザイン連動させたバンパーガードと、ソレを囲むバーデザイン。さらにオプションとなるLEDバックフォグランプをプラスすれば、さらにカスタム感が上昇。エキゾーストの上には、ダクトを配置。それほどスペースを割いていないだけに、サラッとスポーティな要素をプラスできます。スポイラーの半分から下へ向かってはなだらかに内に巻き込むような処理。こうした細かなデザイン処理によって、安定感のあるシルエット構築が実現します。 マフラーについては、ステンレステール仕様と、デモカーのチタンカラーテール仕様からチョイス可能。オフ系の雰囲気をそのまま表現するのであれば、ステンレス仕様が王道かもしれませんが、デモカーではあえてワンポイントの遊び心という観点でチタン仕様を選択しました。リアガーニッシュは【LANDCRUISERPRADO】の文字をあえてスムージングした、プレーンな意匠を採用。カスタムの正攻法である、【足し算】だけではなく【引き算】も。といった視点から、シンプルにおさめるこのチョイスも有効です。 貼り付けるだけなのに、効果はテキメン!フェンダーダクト:貼り付けるだけのアイテムながら、リアルなダクトを設けた、フェンダーダクト。しかも、横フィンを挟んで縦に2連配置していることで、スポーティさがさらに高まります。リアパネルガーニッシュ:リアウインドウをクォーターパネルまで延長させたかのような、薄型のピラーパネル。フィンをデザインとして取り入れることで、キャッチーなアクセント効果も発揮。 WHEEL uno 859 MonoBlock 20inch ジュノゥ・ハチゴーキュウ・モノブロック ⒻⓇ20×8.5J 20(ⒻⓇ275/55-20) WHEEL uno 859 MonoBlock 20inch マットブラック WHEEL uno 859 MonoBlock 20inch クリアブラック このCROSSLINE/PRADOに焦点を合わせて、新色の『マットブラック』と『クリアブラック』を新たに追加設定。オフ感全開のマットブラック、オフとオンの両立が可能なクリアブラックという展開です。プラド専用ホイールならではの、完全に的を絞ったブランニューとなります。新車コンプリートカー向けの特別なアイテム。 これまでのエムズスピードでは実現しなかった、今回のデモカー製作にあたっての、オリジナルパーツ以外の社外品の投入。これは、エムズスピードの新車カスタムコンプリートカーであれば、チョイスしていただけるパーツで、サイドステップはJAOS製、ルーフレールラックはKADDIS製となります。詳しくは、新車カスタムコンプリートカーのページでご確認ください。
新車カスタムコンプリートカー CROSS LINE ランドクルーザー・プラド詳細 Background Image for Link Button
LAND CRUISER PRADO Front Side Images 多彩なアイテム群+ラッピングメニュー セレクト次第で、自分だけのカスタムが愉しめます。 LAND CRUISER PRADO Front Side Image