ENGLISH SITE

Let's enjoy customized car of M'z

M'z SPEED Magazines
CROWN RS Prussian Blue CROWN RS Prussian Blueサイドイメージ 史上『最強の』スポーティなデザインへ。グリルからフロントバンパーにかけてのデザインに強い想いを。
    ズバリ、躍動する『スポーティさ』が前面に押し出された印象の、新型クラウン。エムズスピードのセダン・シリーズを担う『プルシャンブルー』がボディキットに求めたのも、
    このスポーティさと、躍動感。付け加えるならば、さらなるアップデート仕様として。スポーティさを助長するアプローチとして、まずは、フロントスポイラーに配したデイライト。
    片側に2連ずつ、計4連を投入したこのデイライトが、大きな特徴です。 さらに、最大の魅せ場は、リアビューにこそ。純正のラインワークを拡大解釈しての、ディフューザーデザイン+マフラー上部の4重にも連なるアーチデザイン。
    加えて、今回初の試みとなるカーボンテール・マフラーの採用。説明せずとも、アグレッシブなフンイキ漂う仕上がりとなりました。トヨタが謳う =クラウン史上最高にスポーティなデザイン=。プルシャンブルー/クラウンは、最高を超える『最強』の『スポーツ』を目指しました。 東京オートサロン2019 東京国際カスタムカーコンテスト2019 セダン部門『優秀賞』を受賞! 大人が愉しむスポーツスタイルとは…フロントはさり気なく。リアには存在感を。リアには存在感を。 FRONT 個性的な純正のグリルデザインを受け止めるに、必要最小限のサイズ感で成型したフロントハーフスポイラー。この控えめなサイズとしたのには、純正バンパーとの融合を重要視した理由から。
    つまり、純正にサラリと寄り添う違和感のないスタイルが前提なのです。とはいえ、このグリルに負けないだけの存在感は、欲しい。ということで、デイライトは片側2連の計4連を採用。また、最下部を塗り分けることでフラップ形状に見せるデザインアクセントをプラスすることで、スポーツ度は格段にアップしました。 SIDE サイドステップは超薄型設計。純正のステップ部分にさり気なくフィットさせたアイテムです。フロントとリアのスポイラー同様に最下部を塗り分けることで、フラップ感を演出。エアロメイクで大切な、トータルパッケージングとしての完成度を優先させました。 REAR 見た目にかなりアグレッシブなデザインに思えるリアアンダースポイラーですが、これも純正の基本的なデザインソースをリスペクトしたもの。とはいえ、魅せ場は必須。
    そこで、大枠のデザインラインは継承しながらも、マフラー上部の4重に描いたアーチデザインは、オリジナル性を最も求めたポイントです。加えて、センター部分には『スポーツ=ディフューザー』というテッパンメイクも。LEDバックフォグとの合わせ技で、さらに完成度は高まります。 『最強』を具現化する、新採用のマフラー。今回のトピックスのひとつとして、このマフラーはハズせないマストアイテム。左右4本出しまでは他のラインナップにもある設定ですが、今回はそのテールエンド部分にカーボンテールが選択可能に。
    あえて2重に構成する凝ったデザインのこのカーボンテールこそ、すでにパンチ力のあるリアスタイルを、さらにアップグレードしてくれます。また、車検対応品ながら、低音が効いたスポーツ心をくすぐるサウンドも、魅力のひとつ。見た目だけではない、機能アイテムの証です。お好みでステンレステールもチョイス可能。 プラスアイテムで完成度アップ。ボンネットスポイラー 小さめに設計したボンネットスポイラーは、ちょっとしたアクセントに効果的なアイテム。スポーティな指向性にもフィットするスグレモノです。
    ルーフスポイラー 純正でトランクスポイラーの設定があるため、ソレと呼応するようなサイズ感でデザインしたルーフスポイラー。コレが加わることで、完成度は確実にアップします。ドアミラーカバー 最先端技術による3Dプリンター製のドアミラーカバー。3本スリットをデザインすることで、スポーツ度アップを図ります。 WHEEL JJ Launcher Ⓕ20x8.5J 40(245/30-20) Ⓡ20x9.5J 42(245/30-20)セダンの足元にはコレ、JJランチャ。装着したのは、存在感あるステップリム仕様の20インチです。 It is the strongest and is cool.