ENGLISH SITE

Let's enjoy customized car of M'z

×
M'z SPEED Magazines
Prussian Blue SUPRA ストレスなく装着可能な、『スポーツ』できるカタチ。 素材がスープラともなれば、テーマはやはり『スポーツ』となるのが、必然。このプルシャンブルーからリリースするスープラにしても、そのテーマは不可欠な要素としてエアロデザインに織り込みました。 ですが、スポーティな躍動感を求めると…オーバーデコレーションであったり、サイズ感が大きくなったりと、街中で走るのに気を遣ってしまうなどのストレス要因がつきまといがち。 そんな不要なストレスを感じず、でも、確実にスポーティさを増幅できるエアロ。そこを求めて開発したのが、このプルシャンブルー/スープラです。 スポーティの代名詞でもあるカナードやディフューザーデザインを必要最小限のスペース内へ、効果的に投入。プルシャンブルーのエアロキットは、ロングノーズ&ショートデッキのスープラのスポーツフォルムをさらに魅力あるものにしてくれる、エクイップメントです。 純正に調和させながら、フラップやカナード的な要素をプラスする。 FRONT 造形は複雑も、違和感なく溶け込ますギミック。 どこまでが純正で、どこからが製品かを、あえて分かりにくくした、純正バンパーに調和させたフロントハーフスポイラー。純正バンパーの黒いフラップに被せるようにセットしたカナード付きのフラップスポイラーが、その基本構成。デモカーのスポイラーについては塗り分けを行っていることもあり、純正バンパーからの白→黒→白→黒…といった色のコンビネーションが、さらに凝ったデザインであることを強く意識させます。スポイラー自体のサイズは控えめながらも、じつに存在感のある意匠となりました。 SIDE さらに躍動と、抑揚を与える一手。フロント同様に、純正の黒いスポイラーの下に這わすように装着された、サイドステップ。基本的なデザインをカナード付きのフラップスポイラーとしている点も、フロントやリアと同じアプローチです。この純正デザインをさらに拡大解釈したかのようなデザインとすることで、ボディとの違和感はゼロ。しかし、確実にスポーツ度を高めてくれる一手となります。 REAR工夫を凝らした、インパクトあるフラップスポイラー。 リアについても、純正の黒いスポイラーの下にアドオンするカタチを採用。純正との調和がもっとも顕著に表れているのが、フラップを足付けしているフィン部分です。この部分は、純正のフィンを上から袋状で被せるようにエアロを造形。つまり、純正のデザインをそのまま活かし、さらにより強調する意匠としたわけです。側面のカナードデザインはやや大きめに設定し、安定感のあるシルエットを構築。しかし、サイズはフロント同様に必要最小限にとどめ、実用性をスポイルしない設計としました。 ACCENT 純正シルエットをトレースした造形へ。ルーフからテールへとクーペらしい流れるシルエットをそのまま受け継いだ、リアウイング。いわゆるダックテールと呼ばれる、跳ね上げたかのようなデザインを採用。スープラに見合う、空力を意識した、機能美を演出しました。 WHEEL JJ Lancher F20x9.0J 32(255/30-20)※20mmスペーサー装着 R20x10.0J 40(275/30-20)※20mmスぺ―サー装着 足元にはJJランチャの20インチをインストール。力強さと、ラグジュアリーさの両面にフィットする、ステップリム採用の意匠です。